福岡市・北九州市で婚活なら 

結婚相談所 suns

福岡サロン 福岡県福岡市博多区上呉服町10-1 博多三井ビルディング7F
北九州サロン 福岡県北九州市小倉北区浅野1-2-39 クルーズ浅野ビル2F

受付時間
9:00~21:00
アクセス
博多駅:徒歩15分
小倉駅:徒歩3分

無料相談予約・お問合せはこちら

0120-179-391

お見合いで次につながる会話術

2021年11月7日

どうもこんにちは。

結婚相談所サンズのカウンセラー田中です。

 

先日、当相談所男性会員のお見合いでこんなことがありました。

 

とってもよく会話を盛り上げることができたと本人は言い、お相手から将来がイメージできなかったからとお断りをされるという。

 

何がだめだったんでしょう。会員からヒアリングしてみて、もっとこうしておけば良かったというところがありましたので、ご紹介させてください。

会話を楽しむとは

お見合いとなるとやっぱり力が入りますよね。経験もそんなにない中、自分を売り込まないといけない!と強く思い、さらに(特に男性は)楽しませなきゃいけない、盛り上げないといけないと力ばかりが入ってしまうものだと思います。

 

今回の男性会員はまさにそれで、楽しませるぞ!盛り上げるぞ!と意気込んでいたので、相手のことを訊きましょう、と言って送り出したのですが、耳から耳に抜けていったようです。

 

勇んで話していると、知らず知らずに相手の気分を害してしまっていたり、息苦しさを感じさせてしまうなんてことも多々あるようで、今回もそうだったんじゃないかなー。

 

会話を楽しむというのは一体どういうことなんでしょう。

 

この質問に対する僕の答えは、お見合いでの会話って、お互いの価値観や意志を出し合って組み上げていくことだと思うんです。で、それが明るいイメージであると楽しい。

頭の中で想像し体験とする

実はこの男性会員には「話題の終わりが必ずネガティブになる」というもうひとつの特徴があって、勿体ない結果となった一番の原因だったのではと思っています。

 

人間は頭で想像する生き物で、想像することで幸せを生み出すことができるようになっています。

 

例えば、、あー、ぱっと出てこないですけど、食べ合わせが悪いとかいっしょに食べても美味しくないなと実際に食べなくても想像して判断できるのがそれで、想像することで体験ができるわけです。

 

つまり、お見合いの中で楽しい想像をさせることができなかったというのが大きく「将来のイメージができなかった」に繋がっていったのだと思います。

 

じゃーどうすれば良かったんでしょうか。

ポジティブで終わらせることを意識する

これはとっても簡単なことです。

 

会話をポジティブで終わらせるようにしたらいいんです。

 

例えば

「私は魚が好きで釣りに行きます。スーパーで売ってる魚は美味しくないので食べようと思いません」

だと、聞いてるほうは、すんってなりますね。

 

これは本人がお相手に言った実際の言葉です。

 

これを

「スーパーで売ってる魚は食べられなくなるほど自分で釣った魚は美味しいです」

どうでしょう。これだとリアクションもしやすいですよね。スーパー批判にもなっていない。

 

ここから「今度いっしょに釣りいってみませんか??」「その場でさばいて食べましょうよ」とかで盛り上がれば、この人といっしょに居たいとは思わないなんて言われないはずだが。

 

だって楽しいイメージが頭の中で湧いていますから。

 

言葉では簡単ですが、実際は力んでいますし、緊張もしてますから、そう簡単ではないかもしれません。

 

もしかしたら、場数の問題なのか!

共感しましょう

加えて大事になるのは共感です。

 

そもそもこれはお見合いで、わいわい盛り上がるのが目的ではありません。

 

私はこんな人ですっていうのをお互いに出し合う場ですから、自分のことをたくさん喋ることはまったくもって正しいことだと思うのですが、自分のことだけで終わっては一体何の時間だったのか...となるわけです。

 

なので、自分のことを話したら、いっしょにお相手に聞いてみましょう。

 

例えば「私は休日はなるべく外にでるようにしています。ぴよぴよさんはいかがですか??」

 

例えば「私はよく小鳥みたいに首を動かすねって言われるんですよ(笑)自分では意識していないんですけどね。ぴよぴよさんは何か動物に例えられたりします??」

 

こんな感じで尋ねれば、お互いのことを出し合えます。

 

もしかしたら自分のことを出すと、合わないことが露呈されてお断りされてしまうんじゃないか、と怖くなってくるのかもしれませんが、お互いに末永い関係を築きたいと思っているわけですから、ここは正直に。

 

合わなければ次!くらいの意識も大事だと思います。

 

とはいえ、価値観が違うことを言われたからといって、それは違う!とか言わないで。

 

そこは大人の対応で「そういう考えもあるんですね」「そういう楽しみ知らなかったなぁ」とちゃんと共感しましょう。これはお見合いだけに限らず夫婦間でもそうで、ちゃんと共感していくことで良い関係が育まれていきます。

トレーニングしましょう

交際へ発展させるためのお見合いは、短い時間の中でいかにお相手と人間関係を築けるかということだと思うんです。

 

イケメンであるとか美人でスタイルが良いということとは別ですから、誰にだって同じようにチャンスがあり試練があるのだと思います。

 

ぜひ、普段の生活でより多くの異性とお話をして鍛えてください。練習です。

それが本番のお見合いに必ず活きてきます。

 

そして良い交際、良い成婚へとつなげていってほしいと思います。

 

結婚相談所サンズ

代表カウンセラー 田中 慎太郎